【文化の日】芸術の秋は健康の秋でもある?

11月3日は『文化の日』ですね!毎年この時期は、美術館や音楽鑑賞などで様々なイベントが開催され、多くの芸術に触れるチャンスとなっています。芸術には集中力を高める効果や、心を落ち着かせるなどのリラックス効果などが期待できます。普段から音楽や美術に興味を持たれている方はもちろん、全く分からない!という方も、今から始めることができるおすすめの芸術について『音楽』と『美術』に分けて簡単にご紹介していきます。

初心者の方でも大丈夫!おすすめの芸術

《音楽編》

クラシック

クラシック音楽はその曲にもよりますが、集中力を高めるものや精神を安定させてくれるものまで様々な効果が期待できます。ヒーリング効果の高い音楽としてモーツァルトが人気で、副交感神経を効果的に刺激して、交感神経優位の状態を改善してくれる効果があるようです。また、CDショップや書店では「癒し効果のある曲」や「元気が出る曲」などに分けて、一つのアルバムとして販売されているものもあり、いろいろな楽曲を聴くことができ、クラシック初心者の方でも手軽に楽しめます。

ジャズ

アメリカ発祥の音楽で、最近では飲食店などでも多く聴くことができます。大人の雰囲気を漂わせるジャズは、BGMとしておすすめです。休日に何か作業をしながら、もしくは、たまにはテレビをつけずジャズをかけながら食事を摂るというもの素敵ですね。クラシックと同様に、名曲集なども出ていますので、ジャズの入門として聴いてみてはいかがでしょう。

ポップス

クラシックやジャズはやっぱり難しい…という方は、馴染みのあるポップス音楽もおすすめです。聴くだけではなく声に出して歌うことは、体力も使うので程よい疲労感があり、ストレス発散に効果的です。また、最近のカラオケでは歌い終わった後に消費カロリーを表示してくれる物もあり、女性には嬉しいダイエット効果も見込めます。

《美術編》

塗り絵

子どものころに絵を描いたり、塗り絵をした経験はあるかと思いますが、大人になってからは時間もなく、なかなか手が伸びないものだと思います。しかし、最近ではこの塗り絵の人気が高く、お花や風景といった絵画のようなものからデザイン性の高い物まで、様々な種類の塗り絵が売られています。指先を使うので「脳トレ」の効果があり、子ども~高齢者の方まで気軽に取り組みやすいこともポイントです。

書道

習い事として学んでいたという方も多い書道ですが、「字を丁寧に美しく書く」ということが見直され、ボールペン字や毛筆など講座として開講しているところもあります。お手本と同じように書くことで、「とめ」や「はね」などをしっかりと書くことができるようになります。背筋を伸ばし姿勢を良くした状態で文字を書くことによって、集中力が向上することが期待できます。「字は人を表す」なんて言葉もありますが、改めて自分の名前を書くことから始めてみるのもいいでしょう。

陶芸

最近では都心でも陶芸教室を開講しているところもあり、1日体験なども手軽で人気です。自分の作りたいイメージなどが具体的に決まっていなくても、サポートしてもらえるところもあるので、初心者の方も安心です。お店では売られていない一点物のお皿や湯飲みを作れるのは嬉しいですね。陶芸には脳や手指を使うことから、リハビリ効果があることが実証され医療現場でも注目されています。


いざ始めてしまうと集中しすぎてしまい、何時間も没頭していた…なんてこともあるかもしれません。熱中しすぎて疲れてしまわないように時間を決めて取り組んだり、こまめに休憩をとりながら進めることが大事です。


紅葉がちらほらと色づきはじめ、空気が心地よく感じられるこの季節。身近に感じられる『文化』・『芸術』を探してみてみるのも素敵な過ごし方だと思います。皆様もこの機会に美術や音楽など、芸術に触れてみてはいかがでしょうか。