【スポーツの秋】運動について

毎年10月の第2月曜日は『体育の日』ですね!だんだんと過ごしやすい気候になり、まさに《スポーツの秋》の到来。早朝や夜、休日などに運動されている方も増えているように感じます。「何かしたいけど、何から始めたらいいか分からない・・・」、「毎日続けられるか不安・・・」など考えて尻込みしてしまい、始められない方も多いのではないでしょうか。今回は《運動の効果・おすすめの運動と注意点》についてお届けします。

運動をすることによる健康への効果

運動をするといいとは聞くけれど、いったいどんな効果があるのでしょう。7つの主な効果を挙げてみます。


・体力、筋力の維持および向上
・抵抗力を高め、病気にかかりにくくなる(免疫力向上)
・心肺機能の向上
・血行が良くなり肩こり、冷え性が改善
・疲れにくい身体
・健康的な体形の維持
・気分転換やストレス解消

もちろん、この他にも様々な効果が期待できます。歳を重ねるごとに低下していく身体機能を維持していくことは、とても大切なことなのです。

ぜひおすすめしたい運動

最近では健康志向の方が多く、ジムやヨガ教室などが増えてきました。ここでは希望内容と、効果的な運動についてみていきます。

お金はかけたくない!という方にオススメ

すぐに始めることができるウォーキングやジョギングがおすすめです。手軽さが魅力のウォーキングなどは、一人で始めると続かないことも多いので、家族や友人と一緒に始めることができれば心強いでしょう。また、地域の教室や催しでもウォークラリーやイベントを開催していることもあるので、チェックしてみてはいかがでしょう。

お金は多少かかっても確実に運動したい!という方にオススメ


・全体的に筋力体力をつけたい → スポーツジムなどの筋力トレーニング
・足腰に負担をかけたくない → 水泳(泳げない人は水中ウォーキング)
・じっくり体脂肪を燃やしたい、体の不調を改善したい → ヨガ

ジムは天候に左右されずに運動できるのが魅力的で、場所も駅の近くにあることが多いので安心です。各施設で内容や年齢層など様々ですが、自分に合った方法・場所・プランを選択することができ、無理なく続けられるところをお勧めします。多くの施設で一日体験やキャンペーンなど行っていますので、迷っている方は一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。

運動が苦手、もっと手軽に運動がしたい!という方にオススメ

老若男女みんなが知っているラジオ体操がおすすめです。夏休みの朝早くに学校の校庭で体操をしたという方も多いのではないでしょうか。5分~10分程度の運動ですが、実はしっかりやるとなかなかの運動量になるようです。高齢者の方も無理の無い範囲で続けることができるのではないでしょうか。

運動するときの注意点

いざ「さあ、早速運動しよう!」と思った方!ちょっと待ってください!!急に運動を行うとケガの原因になったり、体調を悪くしてしまうかもしれません。身体に悪い負担がかからないように、必ず事前準備をしましょう。

運動時の注意点


・通気性・吸水性・速乾性にすぐれた衣服を着用
・足に合った運動靴を履く
・体調がすぐれない時は無理に運動をしない
・ウォームアップ(準備運動)をきちんと行う
・運動後のクールダウンも欠かさず行う
・こまめに水分補給・休憩を行う

夏だけではなく年間を通して気をつけなければいけないのが熱中症です。こまめな「休憩」と「水分補給」はとても大切なことです。とくに、これからの乾燥する時期は、普通に過ごしていても体から水分がなくなってしまい「隠れ脱水」の状態が起きやすいのです。不調が現れる前に、水分補給を行い身体を休めましょう。

いかがでしたでしょうか。運動をすると心身を良好に保つことができるので、身体の不調だけではなく、心もスッキリとします。これらを続けて行うことが大事ですので、気がついた時に身体を動かすよう習慣にしましょう。また、「体育の日」は各地で様々なイベントや施設開放を行っています。運動が好きな方も、そうでない方も自分に合った方法でスポーツの秋を楽しんでください。