【ヒートショック】寒暖差が引き起こす身の危険とは?

だんだんと寒くなると、早く暖房の効いた室内に入りたい!と思ってしまいますが、寒く冷え切った外の気温との温度差は意外と大きく、身体に大きな負担を与えています。今回はこの冬場に起こる温度差について、お話ししたいと思います。

ヒートショックについて

この時期になるとテレビや雑誌の記事などでこの「ヒートショック」について報道されることが多くなります。ヒートショックとは急激な温度差によって血圧が上下に大きく変動して心肺停止・突然死を引き起こしてしまうことですが、いまだに認知度が低いのが現状です。このヒートショックに関連した事故は主に12月~翌1月頃に起こりやすく、死亡者数は交通事故での死亡者数の4倍ともいわれ、多くの方が亡くなっています。

入浴前や排泄時(トイレ)の脱衣で危険度が高くなり、目安としては10度以上の温度差が身体に負担をかけてしまい、ヒートショックを起こしやすいと言われているようです。普段健康に過ごされている方でも起こり得ることですが、特に高齢者、飲酒・喫煙の頻度が高い方、高血圧や糖尿病等の疾患を抱えている方、深夜などに入浴をされる方は要注意です。

温泉も人気のシーズンではありますが、露天風呂などは温度差が大きいので、このような危険が伴っていることをしっかりと頭に入れておきましょう。

対策について

とにかく温度差を作らず、身体に負担をかけないようにすることが大切です。ここからは特に注意の必要な入浴時を中心に、ヒートショックを防ぐ対策について確認していきましょう。

暖房器具を活用する

脱衣所と浴室、トイレなどに暖房を設置しましょう。最近建てられたマンションなどでは標準装備になっていることも多いのですが、リフォームでも浴室暖房をつけることができます。ただ価格は安くはないので、その点も踏まえてご検討ください。浴室暖房は金額的に難しい・・・という方は、小型・薄型の脱衣所などに置けるタイプの暖房機器も売られており、場所をとらず狭い場所でも邪魔になりません。中には人感センサーが付いている物もあり、人がいると暖房がつき、人がいない時は消えるようになっているので、消し忘れもなく安全です。

シャワーを上手く利用する

浴室では、シャワーのお湯を先に壁にかけておくと側面から暖まりますし、浴槽にお湯をはる際には、蛇口からではなくシャワーを使用すると、お湯が拡散し浴室の暖まりが早くなるので効率が良いそうです。

入浴前後に水分補給する

これは冬場だけではなく年間を通して言えることですが、入浴前後でコップ1杯分の水分を摂取することをおすすめします。体内の水分が不足していると高血圧の状態になりますので、ヒートショックにかかる危険度が高くなってしまいます。また、冬場の「隠れ脱水症状」の対策としても有効ですので、習慣づけるようにしましょう。

入浴時間と入り方を工夫する

夕食時間の前後に入浴する方が多いとは思いますが、時間が遅くなるにつれて気温が下がっていきますので、それより前の日没前後の時間帯に済ませたり、ご家族と一緒であれば時間を空けずに入浴をすれば暖気が逃げていきません。省エネ効果抜群の対策ですので、是非実行してみてください。


いかがでしたでしょうか。特に気に留めることの少ない温度差ですが、少しの工夫や対策でヒートショックを防ぐことができます。脱衣所・浴室と普段過ごされている部屋の中の温度差を作らないようにし、身体への負担を最小限に抑えることや、体調が悪い時などは無理に入浴しないなどの対応も必要です。まずは冬場の入浴は危険と隣り合わせだということを意識することから始め、対策を行ってみてはいかがでしょうか。