車椅子の介助の仕方と注意点

車椅子に乗った方の介助をする上で最も大切なのは安全への配慮です。高齢者や身体の不自由な方の移動手段として大変便利な車椅子ですが、介助の仕方を間違えると事故やケガなどにつながることも。まずは、基本的な使い方と、外出時の介助方法について、しっかりと理解しておくようにしましょう。

車椅子の介助方法

車椅子に乗った方のサポートをする場合には、ケガや事故を防止するためにも基本的な操作方法や介助方法を事前に必ず理解しておくようにしましょう。主な操作方法、介助方法は以下の通りです。

車椅子の広げ方

手順1……車椅子の後ろ側に立ちます
手順2……両方のハンドルを握り左右に広げると、車椅子が少し広がります
手順3……片方の手で車椅子の肘置き部分を持ってタイヤを持ち上げます
手順4……反対の手でタイヤが持ち上がった側の座面後方部分を押して完全に広げます

車椅子の畳み方

手順1……車椅子の後ろ側に立ちます
手順2……片方の手で車椅子の肘置き部分を持ってタイヤを持ち上げます
手順3……反対の手でタイヤが持ち上がった側の座面後方の中央部分に手を入れます
手順4……座面をすくうように持ち上げ、車椅子を畳みます

平らな地面を移動する場合の押し方

介助する方は、できるだけ車椅子に近づいて押すようにしましょう。こうすることで、車椅子に乗った方の足元が見やすくなるだけでなく、スピードが出過ぎるのを防ぐ効果があります。ただし、近づきすぎると介助している方の膝で車椅子に乗っている方の背中を蹴ってしまうことがありますので、注意しましょう。

傾斜のある歩道での介助方法

歩道が車道側に傾斜しているような道では、歩道側の手でハンドルを持ち、車道側の手はハンドルではなく肘置きを握るようにしましょう。こうすることで傾斜に引っ張られることなく真っすぐに進むことが可能です。

段差を上がる方法

手順1……ステッピングバーを踏み込んでキャスターを上げる
手順2……キャスターを段差の上に乗せる
手順3……後輪を押し上げる

段差を降りる方法

段差を降りるときには、車椅子に乗っている方が落ちないためにも、後ろ向きで降りるようにしましょう。
手順1……後ろ向きになって後輪を下ろす
手順2……ステッピングバーを踏み込んでキャスターを上げ、車椅子を後ろに引く
手順3……キャスターを下ろす

車椅子の方を介助するときの注意点

車椅子の方を介助するときは以下の点に注意しましょう。

1.車椅子を動かすときは「押すよ」「押します」などと必ず声をかける
2.急に方向転換をしない
3.車椅子から手を離すときには、一瞬であっても必ずブレーキをかける
4.車椅子を押している方と車椅子に乗っている方の距離の感じ方は違うため、前を歩く方たちに接近しすぎないように気をつける
5.自動ドアは完全に開いてから通る
6.交差点や横断歩道などで停止するときは、車椅子のほうが車道に出過ぎないようにする
7.車椅子を持ち上げるときは、車椅子のフレーム以外を持たない

高齢化の進む日本においては、今後、車椅子の方を介助する機会も多くなってくるはずです。いざというときに困らないためにも、車椅子の介助方法を正しく把握しておくことをおすすめします。