介護用車椅子の主な種類とそれぞれの特徴

高齢者の介護用車椅子は、その方の体型や身体機能、使用目的などに応じて選ぶことが大切です。移動手段としての使いやすさはもちろん、座り心地などを考慮して選ぶことで、高齢者だけでなく介護する方の負担を大幅に軽減してくれるからです。では、介護用車椅子にはどのような種類があるのでしょうか。それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

通常の車椅子と介護用車椅子の違い

通常の車椅子と介護用車椅子の違いは、車椅子に乗っている方が自ら運転・操作をするかどうかという点で、車椅子に乗っている方が自ら運転するタイプを「自走式」、車椅子に乗っている方は運転せず、介助者が操作するタイプを「介助式」といいます。

通常の自走式車椅子は、自分の手でタイヤを動かすため、「ハンドリム」と呼ばれる大きめの後輪が付いているのが一般的です。利用者自らが操作することを前提として作られているため、不要な部分を取り除いて軽量化されています。

また、片麻痺の方が片手で操作しやすいように作られたものや、座面を低く作ることで、足で地面を蹴って進むことができるもの、さらにはバスケットやテニスなどを楽しみたい片のためのスポーツ用車椅子など、利用者のライフスタイルに応じてさまざまな種類から選択できるのも特徴です。

一方、介助式の車椅子は介助者が操作することを前提として作られているため、押し手の部分に介助ブレーキが付けられています。介助する方が操作しやすいように、後輪の直径を小さくして小回りが効くよう工夫されているのも特徴です。

また、車椅子からベッドへ移動しやすいように、肘掛け部分が跳ね上げ式になっているものや、押し手の高さが介助者の身長に応じて変えられるものなど、介護する方にとっても便利な機能が付いています。

現在販売されている自走式車椅子の多くは付き添いの方が使えるブレーキが付いているものがほとんどで、その多くは「自走介助兼用車椅子」と呼ばれているようです。

介護用車椅子の種類と特徴

では、介護用の車椅子にはどのような種類があるのでしょうか。代表的なタイプをそれぞれの特徴とあわせて詳しくみていきましょう。

標準型車椅子

最も一般的に使われている介護用の車椅子です。ハンドリムの付いたものと、小回りを重視して後輪を小さくしたものと2種類あります。こちらの車椅子は介護保険の適用を受けることができます。

座位変換型車椅子

座面と背もたれを一体で倒せる「ティルト機能」が付いたものや、背もたれだけが倒れる「リクライニング機能」の付いたものなど、姿勢を変える機能が備わった車椅子のことです。標準型と同様に介護保険の適用を受けることが可能です。

浴用型車椅子

浴室で使うことを前提とした介助用車椅子のことです。トイレで使うものや、便器がセットできるものなども浴用型に含まれます。車椅子としては介護保険の適用を受けることはできませんが、入浴補助用具として介護保険の適用を受けることが可能です。

介助用特殊型車椅子

特別使用を目的とした介助用の車椅子のことです。特殊型車椅子は介護保険の適用を受けることができません。

上記のように、介護用車椅子にはさまざまな種類があります。それぞれの特徴をしっかりと理解した上で、利用する方の目的などに応じて、最適なものを選ぶようにしましょう。